約束

2014/06/21 Sat 17:19

学生時代の友人が亡くなった。
62歳は余りにも若すぎる。
数年前、彼は癌を発症し、ずっと病気と闘っていた。

        本当に癌だったら良かったのか、

何度も入院したけれど、いつも彼は帰って来た。
ちょっと入院が長引いても、いずれ帰って来ることに慣れてしまった。
また、もう一度会えることを私は疑っていなかった。

でも気づくべきだった。
 
去年の秋も深まった頃、彼からメールが届いた。

今後の治療方針を、
毎日の快適さは差し置いてできるだけ長く生きるか、
毎日の快適さを大事にして長く生きる可能性を少なくするか、

彼は選択を迫られていた。

私はこのメールに返信することができなかった。

彼は、自身で決めなくてはね、と書いていた。
私に何が言えただろうか。

彼は学生時代の仲間、普段、私の日常生活の中には居ない。
何かあったら、久しぶりに集って楽しい時間を過ごし、また自分の場所へ帰って行く。
それでも彼が居なくなることを私は恐れた。
辛い治療でも、少しでも長くそこに居て欲しい、
声をかけたら返事をしてくれる、その場所に居て欲しいそう思った。

でも、それはつらい治療を強いること。

明確な私の思いを送らないままメールの話題は変わり、
結局、彼の下した決断を聞くこともなかった。

4月にみんなで会った時、
ベーシストだった彼は基礎からベースのレッスンを受け直していると言った。
次回の集まりでは彼のベースを披露すると約束した。

その約束が果たされることはない。

tonnbodama40522H.jpg

 
友人たち | コメント(0) | トラックバック(0)

認知症

2011/07/07 Thu 10:58

あれはいつ頃だっただろう。
たぶん、夫の診断が下りて半年が過ぎたくらいの頃、

私は中、高、大学とずっと同じ青春を過ごした夫の親友に電話をかけた。

夜、9時過ぎだっただろうか、家を抜け出し夫の親友の携帯を呼び出した。

夫の病気についてはまだ子供たちに話してはいなかった。
私の両親、弟、夫の兄と姉に知らせただけだった。

でもこの夫の親友だけには話さなくては、知ってもらわなければ、そう思った。
夫がまだ元気で、力の残っているうちに彼には夫と会っておいて欲しかった。

私からの電話とわかると、電話の向こうで一瞬、彼の呼吸が止まるのを感じた。

夫の親友の予測は、 当たり。

私は夫が若年性アルツハイマー型認知症と診断されたことを告げた。

夫の親友は絶句した。

そしてしばらくの沈黙の後、

『今、アルツハイマー病発見 100 年記念の会で長谷川先生とお会いして、
 
 今、たった、今、・・別れて来たところなんだよ。』

今度は私が言葉を失う番だった。
なんと言う偶然・・・。

夫の親友は国の仕事をしていた。
ボケ、とか痴呆症と言われていた病気をまとめて『認知症』と呼ぶことにしたのも彼が係わった仕事だったと言った。
認知症の原因解明や介護技術の確立、認知症ケアの質の向上、彼が今まさに取り組んでいる仕事だと。


『この頃、昔の仲間からかかってくる電話は、病院や、病気の問い合わせばっかりなんだよ。お父さんのために病院を探しているとか・・。そんな年頃になったな~って。でもまさか・・・。』


その電話で、彼はすぐに会いに来ることを約束してくれた。
そして間もなくその約束は実現した。

仕事を辞めて家でぶらぶらしていた夫は、親友の誘いに喜んで出かけて行ったのを覚えている。

そろそろ夏の始まる暑い土曜日だった。



友人たち | コメント(3) | トラックバック(0)

応援グッズ

2010/01/18 Mon 12:19

友人から応援グッズが届いた。

それは、奇跡のクロス!!
お試し用にと彼女のストックから分けてくれたのだ。
なんとタイムリー
shamwow.jpg

届いたクロスは、固めのフェルトみたい。
大きいほうは結構厚めなので、これが水分をいっぱい含んだら絞るのにはかなりの力が入る感じ。
小さいほうは台所仕事によさそう♪

と思いながら、前に置いてじっと見つめている。
なんだか嬉しくて使ってしまうのがもったいない。
(^^;)

まして、○×△になんて絶対使えない!!

 ここで娘が、
『やっぱり○×△に使うには自分で買わなくちゃダメなんじゃない?』

 ---- う~ん、正しい意見だ。----


こんな風に時々友人たちから思いがけない応援グッズが届く。
美味しいお菓子だったり、お花だったり、絵本、おしゃれな小物、等々、時には現実的にお米やお味噌も。

応援グッズにはそれぞれの友人たちの個性が感じられて、応援のメッセージと共にいつも嬉しく幸せな気持ちにしてくれる。

そして、思うこと。
前にも書いたけれど、私にはまだ夫の病気の事を話せていない友人がいる。
夫が体調を崩して自宅で療養をしているという事までは伝えた友人も居るけれど、離れている友人たちには夫が病気になったことすら言えずにいる。
みんな私の不義理を不思議に思っている・・・・限界を超えて怒っているかもしれない・・・。

ずっと逃げてきたけれど、今年の私の課題はカミングアウト。
今年は受け取るだけで、一切年賀状を出していないので、寒中見舞いをそろそろ書かなくては・・・。

  う~ン・・やっぱり気が重い。



奇跡のクロス、まずはブルーの小さいクロスで入浴後のお風呂の壁を拭いてみた。
乾いているクロスを当てたところの水分は全く無くなった!!
乾いている状態。凄いかも。

ではと、洗面器にお水を1cmくらい入れてクロスを浸してみる。
ぴゅっとお水が吸い込まれた。
クロスのブルーの色が濃くなって洗面器の水はみんな無くなった。
絞るとすぐにブルーの色が元の色の様に薄くなる。
もう一度同じ量の水に浸すと、今度は少し水が残る。

とりあえず、この2分ほどかけた最初の実験では、クロスの驚異の吸収力は宣伝の通りだと思う。
問われるのは、水を吸ったクロスを絞る、私の握力かな?


友人たち | コメント(0) | トラックバック(0)

不義理

2008/08/26 Tue 16:44

夫が若年性アルツハイマーと診断を受けて以来、友人、知人にはすっかりご無沙汰をしている。
夫の病気の事はほんの一部の友人にしか話せていない。
たまたま話すタイミングのあった友人たちだけが夫の病いを知っている。
誰に話すとか話さないとか選択した訳ではないし、特に口止めはしなかったので、他の友人たちにも伝わっているのかもしれない。

診断を受けた直後は私自身、病気を受け入れることができなかった。
正直、慰めの言葉も励ましの言葉も聞きたくなかった。

久しぶりに会った友人に
『お変わりない?』と言われるのが億劫で、ついつい出不精になっている。
でも診断からそろそろ4年、そうそう引きこもっているわけにも行かなくなってきている。

何か良いニュースがあればいいのだけれど。

『Good news, or bad news?』

夫の病気を打ち消すほどの良いニュースがあるとは思えないけれど。

友人たち | コメント(0) | トラックバック(0)

大切な友人たち

2008/05/19 Mon 10:18

夫の友人が二人、会いに来てくれた。

休日の午後、夫、友人ふたり、私とお散歩、そしてお茶。

ふたりとも夫を気づかってゆっくり話してくれる。

『またね。』と言って別れたけれど、
友人たち
 | HOME | Next »