スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

親の介護

2017/04/03 Mon 11:55

久しぶりにPCの前に座りブログを開こうとしたらパスワードが違うと言われてしまった。
(^^;)
自動ログインに設定していたのだけれど、長期ログインしないと解除されてしまうらしい。
ヘルプを読んでパスワードを再設定、やっと記事画面にたどり着いた。
親の介護について書こうと開いたけれど、時間切れ。

相変わらず忙しくはしているけれど、何とかやっています。
毎年春にやって来る体調不良も何とか乗り越え、後は『ヒノキ』の花粉が過ぎればまた元気になるはず。

また、書きます。



実家のお庭で『むぎ』も春の香りを確かめています。
スポンサーサイト
老々介護 | コメント(0) | トラックバック(0)

父のお出かけ、

2016/04/26 Tue 14:07

この日の外出は年の初めの頃に決まった。
外出と言っても家から徒歩10分程のホテル、
父の昔の仕事仲間が毎年集まる会。
多分数年前、父が最高年齢、長老になってこのホテルで開催されるようになった。

期日が決まってから私はこの日のスケジュールを空けていた。
数時間であっても母を一人で置いてはおけない、一緒にお留守番するためだった。

一月位前から『お留守番よろしく頼むね。』
毎回会う度に父からこの日の確認が入った。

『大丈夫、ちゃんと空けてあるから、11時前には来るからね。』

何度同じ返事をしたことだろう。

そして前日の夕方、父からの電話。

『なんだかフラフラして調子が悪いんだ、明日行くのは難しいと思う。
nobiちゃん、明日行って会費だけ届けて貰えるかな。』

う~~ん、
最近父がちょっとふらつくと訴えていたのは知っている。
何回か車を走らせ様子を見に行った。
でも、水分をとって安静にしていれば復活、と言うか、私の顔を見れば元気になっている気がする。
確か去年も、一昨年もこの季節、父は同じような状態だった。

『わかった、明日になったら調子が戻るかもしれないから、明日また考えよう。
明日まだ具合悪かったら、私が会費を届けるから。
じゃ、明日行くからね。』


と言う事で電話を切った。

翌日、お仲間との集いの日、実家に行くと、

『ふうちゃんか誰か来るの?』


『えっ??来ないけど、仕事行ったし。』

『お婆ちゃんはどうするの?』

『えっ??だから私とお留守番。』

『えっ?!nobiちゃんも行くんじゃないの?
席を用意してあるよ。』


えっえ・・・えぇ~~~?!?!?!?!!!!


なんだか話が違う。
父の頭の中では私と父が一緒に行くことになっている。

いや、いや、それは違うでしょ、あれこれ話しているうちに今度は

私が父の代わりに会に参加することになって行く・・・・。

『僕がお婆ちゃんと留守番してるから、』

いやいや、ち・が・う・ぅ~!!

『だって、全然会ったこともない叔父さんたちの中に独りポツンと入っても話題も無いでしょ。
皆さん、思い出話しとかしようと思っても何も知らない私がいたら気を使って話しも弾まないかも。
私だって困るし、云々・・・』

なんとか父を説得して集合時間から少し遅れてホテルに到着した。
幹事さんにご挨拶だけして、終わったら迎えに来るので電話をお願いしようと父と一緒に車を降りると、

『さあ、どうぞ、こちらです。』

腕を取られる。

『えっ?いや、 えっ?いえ、
    母がひとりで家におりますので、わたくしは・・、
                   えっ?えっ?えぇぇぇ~~??』


『お席用意してますから、ちょっとだけでも召し上がってください。』

と言う訳で、10人ほどの父のお仲間たちと懐石料理をいただくという光栄に浴することに。

マルックス1603244

30分程で一旦退席して母を見に行くと、むぎちゃんと一緒に無事にお留守番していてくれた。
しばらくして幹事さんの電話を受けて父を迎えに。
みなさんに送られて父も機嫌よく帰宅。
めでたし、めでたし。

 <お料理は美味しかったけど、
 母と一緒にお昼をすでに済ませてなかったら
 きっともっと美味しかったね~。>



要は、
父が会合の前日幹事さんに断りの電話を入れる。
幹事さん慌てる、だって、父のための場所設定。
遠くは栃木、埼玉から70代、80代の老紳士たちが駆けつけてくださる。
 顔だけでも出して下さい!
 ふらふらする?
 それならお嬢さんと一緒に!
 席を用意します!!


まあ、今までお名前だけだった父の後輩のみなさまと面識が出来たのは良かったと思う、
という父のお出かけの日・で・し・た。

次回があるのかな~~、
あるのなら、その時は最初っから一緒に行く設定にして『通訳』として行くつもり。
補聴器をつけたがらない父とそのお仲間たちのために、
(^^)



老々介護 | コメント(0) | トラックバック(0)

冷蔵庫が壊れた!!

2014/12/10 Wed 21:46

一週間に一度実家へ行く。
お昼前に着いて父、母と昼食を一緒に食べるのがいつものパターン。

昼食後、父が、

『牛乳の味が変わったみたいなんだけれど、みてくれる?』と言った。

牛乳を取り出して賞味期限を確かめるとまだ切れてはいない。
グラスに移して飲んでみる。

特に酸味があるわけでもなく、味はおかしくはない。

???

でも、冷たくない!!

えっ?

冷蔵庫が冷えてない??

一週間前、山の様に食料を詰め込んで帰った冷蔵庫だけれど、
父と母が一週間暮らして、きれいに空っぽになっている。

奥まで手を入れてみる。
冷えていない。
顔を入れて覗き込んでみる。
冷えてない。

ええっ~!?!?!?
いつから~???

慌てて冷凍庫を調べる。
冷気はあるけれど、食品は柔らかい。

冷蔵庫が壊れた!!!

これは両親にとって死活問題。
今日は母の髪を切るとか、父の通院とか、いろいろ懸案事項があったけれど、
とりあえずみんな置いて、冷蔵庫問題に専念。

あれこれ大騒ぎの末、なんとか一件落着。
一回り大きくなった冷蔵庫との暮らしが始まった。

新しい冷蔵庫はドアを押すと開くタイプ。
しかも今までと違って両開き。
父が慣れるまでしばらくかかるだろう。

でも、何でも新しい物っていい。
ピッカピカの物があると、なんだかちょっと幸せな気分になる。
さて、今週は何を詰めて行こう。

老々介護 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。