スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夫が亡くなる前、

2015/05/20 Wed 09:24

夫が亡くなる一週間前、火曜日の夕方、施設の相談員さんから電話を貰った。

 夫が
~微熱(37度8分)を出しているので、今日、皮膚科の受診をしました~

私はグループ展の搬入を前日に終え、5日後に迫った春一番のイベントの準備に追われているところだった。

37度台の熱・・、夫は夏場に平熱が37度になることも多かった。
元気だった頃は殆ど熱など出したこともなく37度という熱に私は大きな意味を感じなかった。

夫のかかっている皮膚科は近くの総合病院だったけれど、火曜日だけちょっと離れた大学病院から診察に来ている医師が現在の主治医だった。
つまり、夫の主治医は火曜日しか近くの総合病院にやって来ない。
夫は2週間に一度、主治医の診察を受けに私と通っていた。
前の週の火曜日に受診したので、もし何もなければ、次の火曜日が受診予定日だった。
私は予定を夫のために空けていた。

でも、この日、微熱があったために、念のため、夫は施設の看護師さんに付き添われて受診し、血液検査を受け、特に心配するようなことは見つからず、抗生物質を処方されて戻って来た、との報告だった。

私は相談員さんにお礼を言い、夫をよろしくお願いします、と頼んだ。

夫の施設には介護士さんが居て、看護師さん、療法士さん、相談員さん、栄養士さん、たくさんの方が夫を守って下さっている。
実家の両親よりもよっぽど安心な状態、私はそう考えていた。


土曜日、ガラスのイベントを明日に控えた朝、施設の看護師さんから電話をいただいたい。
夫の熱は下がらない。でも高熱でもない。
ただ、本人がとても苦しそうなのと、明日は日曜日で何かあっても病院が休みなので土曜日・今日のうちに受診します。
結果はまた受信後に、

私は再びお礼を言って夫を施設に託した。

土曜日、夕方、受診して血液検査、尿検査をしたけれども特に大きな不安材料は見つからなかった、と連絡を受けた。

私はこの時点で余り心配していなかった。
だって、前の週に行った時、夫は食事を完食していた。
おかずは刻み食だけれど、ご飯は普通のご飯。
この病気は食べられなくなったら覚悟しなければならない。
食べることを忘れてしまったら、体力も失ってしまう。
でも夫はまだ66歳、ちゃんと食べられるだけの力が残っている。
彼には力がある。

日曜日、今年一番の陽気、初夏と言うには暑い一日だった。
野外での手作りアーティストの市は大盛況。
私も沢山の方に私の焼いたガラスを見て頂くことができた。

アート市が終わり夕方、夫の施設に向かう途中、施設からの電話。

 ~夫がとても苦しんでいる、状況を見て貰いたい。~

     ~今向かっています。すぐに参ります。~

自室に横たわる夫は本当に苦しんでいた。
もちろん言葉は出ないけれど、全身で痛みを、苦痛を訴えていた。
その痛みは波のように襲ってくることが何も言わないけれど、伝わって来た。
声をかけても伝わらない、苦しむ夫の姿に為す術もなかった。

ほどなく夫の部屋に来てくれた看護師さんと話した。
痛みの、この苦しみの原因がわからない。
明日、病院へ、とにかくこの痛みを和らげることを最優先に。

翌日、私は実家の父と母を看に行く予定だった。
イベントが重なり、一週間両親の元へも行っていない。
そろそろ食料が尽きる頃。

私は看護師さんに、翌日月曜日に病院に連れて行ってやって下さい。
どんな方法でも、この痛み、苦しみを取り除いてやって下さい。
たとえ、それが彼の命を縮める結果になったとしても。

と、言いながらも私はこれが彼の命に係わる事態なのだと思ってはいなかった。
再び夫を施設に託し、日曜日の夜7時、苦しむ夫を残して家に戻った。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

さて、どうしよう、

2014/10/29 Wed 13:03

土曜日、お天気に恵まれたイベントが終わろうとした時、携帯が鳴った。
見ると、夫の施設から。
施設からのイレギュラーな連絡はたいてい何か良くない知らせ、
ただの連絡事項なら家の電話にかかってくる。

案の定、夫が熱を出しているという知らせだった。
37度台、そんなに高い熱ではない。
ただ、夫は蜂窩織炎という病歴を持っているので油断は禁物。
主治医から出ている抗生剤を飲ませて様子を見ているという連絡だった。

週が開けても夫の熱は下がらず月曜日、7月に入院した総合病院に受診することになった。
私は実家へ行く日だったので付き添うことが出来ず、すべて職員さんにお願い、お世話になった。

火曜日、ほんとはこの日は月に一度の外出の予定だった。
バリアフリーの義姉の家でランチ、4時間ほど≪お家に帰って来た気分≫で一緒に過ごすつもりでいた。
残念だけれど大事をとって外出は延期することにした。
夫のために空けた一日なので朝から施設に行き、看護師さんと相談員さんから受診時の詳細を聞いた。

 血液検査の結果、肝機能、腎機能は問題ない。
 炎症に対して 白血球数は多いが、炎症反応は低い値。
 今後炎症反応も悪化する可能性が高いのでステロイドが処方された。
 金曜日にもう一度受診をしてこれ以降の治療について相談をする。

もちろん、金曜日には私も一緒に行って皮膚科の医師の話しを聞くことになった。

医師が問題だと思っているのは、皮膚の炎症の原因がわからないこと。
原因がわからなければ治療の方法も確定できないことだという。
全くもっともで異論は全くない。
ただ・・・
原因をみつけるためには検査入院が必要となるだろう。

 入院、

夫にとって、私にとって一番避けたいこと。
7月の入院の後、明らかに夫の表情の動きは少なくなった。
飲み込みはほとんど戻って来たけれど、立つことはできない。
歩くなんて、今では夢の夢。

またここで入院したら、次はどんな衰えが来るのか、想像するのも恐ろしい。
けれど、今のまま有効な治療がみつからなければ、又蜂窩織炎が再発し、もっと長い入院が必要になるかもしれない。
蜂窩織炎は必ず再発するのか??
するかもしれないし、しないかもしれない、そんなのわからない・・・
検査入院をしたら必ず原因はみつかって、有効な治療を始められるのか?
これもわからない。

例えば、例えとして良くないのは分かっているけれど、
例えばもし夫が癌と宣告されたなら、
多分、命を長らえるための積極的な治療は望まない。
出来るだけ変わらない環境の中で、痛みや苦しみのない方法で残された日々を過ごして欲しい、そう言えるだろう。
(今はそう思う。現実にそうなった時、また違った事を言うかもしれない。
 でも今はそう思う。)

今目の前の夫はまるで包帯を外したミイラのようにボロボロな肌、仮装しなくてもこのままハロウィンパーティに行けそうな位、ひどい状態でいる。
痒いのだろう、フランケンシュタインみたいにゆぅっくり手が動いて、頭や足を掻こうとする。
なんとかしてあげたい。

検査を受けて原因を探す必要はあるだろう。
出来るだけ短い入院をお願いするしかないのだろうか。
さて、どうしよう。
迷っている。

141029.jpg




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。